各学部の教育

各学部の教育

                教育目標と指導の重点

(1)小学部
     ◎教育目標
      ・ともだちとなかよくする子(社会性)
      ・げんきにかつどうする子(心身の健康)
      ・じぶんからすすんでとりくむ子(自主性)
    ◎指導の重点
      ・一人一人の実態をしっかりと把握し、指導目標を明確にする。
      ・日常生活に必要な基本的生活習慣を身に付ける。
      ・個に応じた学習指導法の工夫と改善
      ・子供の興味や意欲を引き出すような教材、教具の工夫と精選
      ・様々な体験を通して、経験の幅を広げる。
         
(2)中学部
    ◎教育目標
      ・体調や生活リズムを整え、健康で安全な学校生活が送れるように
       する。             
      ・心の成長を図ると共に、一人一人の個性を伸ばし、豊かな自己表
       現ができるようにする。     
      ・友達との活動を通して集団の一員としての認識を高め、社会性が
       身につくようにする。       
    ◎指導の重点
      ・個々に応じた健康安全面を配慮した基本的生活習慣・基礎学力の
       習得。       
      ・人との関わりを深めるためのコミュニケーション能力の拡大。
      ・できることは自分でやるという気持ちの育成。
      ・集団活動への積極的な参加意欲の育成。

(3)高等部
    ◎教育目標
      ・友達と仲良くし、助け合う。
      ・元気に活動する。
      ・社会参加に向けて、主体的に取り組む。
    ◎ 指導の重点
      ・生徒の健康管理を十分にし、健康で安全な生活の確保に努める。
      ・生徒一人ひとりに応じた学習指導方法の工夫と改善に努め実施す
       る。
      ・社会や自然に接する機会を多く持ち、経験の幅を広げる。
      ・卒業後の社会参加に向け、指導内容の充実を図り能力の開発に努
       める。         
      ・個々のニーズに応えられる進路先の開拓に努める。


教育課程
学習指導要領等を参考にしながら、児童生徒の重度。重複化、多様化に対応した教育課程を編成している。
本校の教育課程として、以下の教育課程を編成し、きめ細かく指導にあたっている。
@小中学校に準ずる教育課程
A下学年もしくは下学部代替による教育課程
B各教科等の目標及び内容を知的障害の特別支援学校に準じた教育課程
C自立活動を主とする教育課程
D訪問教育の教育課程
各教科等の指導 主な学習の内容
@教科別の指導 児童生徒が自立し社会参加するために必要な知識や技能、態度などを身に付けるため、一人ひとりの実態に応じて、各教科等の学習を行います。
A日常生活の指導 登下校、衣服の着脱、排尿・排便、食事等日常生活を充実させるため、ほぼ毎日反復される活動の学習を行います。また、あいさつや礼儀作法、きまりを守ること等の集団生活をするために必要な内容等、生活科の内容だけでなく、道徳などの領域や教科の内容に取り組みます
B生活単元学習 行事単元(運動会や文化祭など)・季節単元(七夕やお月見会など)・生活課題単元(宿泊学習や校外学習など)等自立的な生活に必要な事柄を実際的・総合的に学習するものです。まとまりのある一連の活動の中で行うため、数か月にわたって、学習を行うこともあります。
C作業学習 生徒の働く意欲を培い、将来の職業生活や社会自立を目指し、生活する力を高めるめることを意図するものです。作業種目として、農耕・園芸(野菜,花,果物等),食品加工(味噌,漬け物,クッキー,ジャム等),木工(鉢カバー,木製玩具,写真立て等),紙工(和紙や牛乳パックの再生紙によるはがき,民芸調紙箱,菓子箱組み立て等),窯業(食器,土鈴,植木鉢等),縫製(布巾,小物入れ,クッションカバー等),織物(マフラー,テーブルセンター,壁掛け等),レザークラフト(ペンケース,小銭入れ,小物入れ等),セメント加工(ブロック,排水管,敷石等),印刷(名詞,カレンダー,ステンシル加工等)等,多様なものを実施します。
D特別活動 生活単位としての学校・学部・学年・学級への所属感を深め、社会性や人間性を培います。
E自立活動 障害によるつまずきや困難の軽減を図ろうとしたり、受容したり、解消のために、努力したりする学習です。一人ひとりの発達の遅れや不均衡を改善したり、発達の進んでいる側面をさらに伸ばすことによって、遅れている側面の発達を促すようにして、全人的な発達を促します。
具体的には、姿勢や運動、移動に関すること。コミュニケーションを円滑に行い、他者と関わること。嚥下体操等を行い、安全に摂食を行うこと。情報機器を適切に活用し、興味関心の幅を広げることや意志の表出を行うことなどを学習します。

各学部の紹介
小学部
中学部


高等部 


自立活動 交流教育 進路指導
トップ アイコントップページへもどる